子供部屋に間仕切り壁を設置

今回の記事は、子供の部屋に間仕切り壁を設置した作業風景を書いてみました。

新築で家を建てる時に、「子供が小さい時は一部屋で広く作り、子供が大きくなった時に間仕切り壁を作り二部屋に出来ますよ〜」の、まさしくその広い部屋を二部屋に間仕切る為の壁を作りました。

DCIM0240

 

部屋の真ん中にある、この様に梁だけ包んである状態の所に、下地となる間柱をはめていきます。

 

壁下地の間柱を設置

(今日は、まじめに仕事をしてます山浦君(私)です(^^))

間柱などは、後付工事になりますので、釘やビスで留めていきます。
慣れない方が作業をする時は少し長めのビス(75mm〜90mm)が良いと思います。
※ズレた時などに抜きやすいので。

工具もインパクトドライバー1つで、間柱の取付からクロス下地の石膏ボードの貼り付けまで行えます。

 

この間柱にボートを貼り、クロスの下地を作ります。ボードの厚みは12.5mmです。

 

ボード継目のパテ処理

 

既存の壁と、新設下地の取り合いのところなど、きちんとパテ処理を行います。
この段階で、クロスの仕上がりに影響しますので、きちんと段差など無いように処理します。

 

壁クロスの仕上がり

 

クロスの柄はお客様の奥様とお嬢さんがチョイスされました。
※クロスメーカーはサンゲツです。

 

壁クロスの仕上がり2

 

では、反対側は、

 

壁クロスの仕上がり3

 

この様にクロスの柄を変えても、お値段は一緒なので、自由に選んで頂いています。

(カタログを3〜5冊ほどあずけて、ゆっくりと選んで頂いております)

 

壁クロスの仕上がり4

(本当はもっと明るい感じなのですが、私の写真の取り方がイマイチでして)

この様に、広い部屋を二部屋に区切り、子供さん達も喜ばれてありました。

 

工事内容は【14畳の1間を半分の7畳の2間に分ける為の工事】

  • 壁下地の間柱設置
  • クロス下地の石膏ボード貼り付け
  • 床見切りの巾木設置
  • 既存壁と新設壁の継手処理の為のパテ工事
  • クロス仕上げ(部屋別に柄を変えています)

この工事を器用な方なら日曜大工でも出来なくもないのですが、残った石膏ボードの処分に困ると思われます。

この記事を書いた人

広報担当 山浦
広報担当 山浦
福津市・古賀市・宗像市で住宅のリフォームや、リノベーションなどの工事を行っています、やまうら工務店 代表の山浦です。

お家の気になる事など、ございましたらお気軽にお電話下さい。
フリーダイヤル 0120-240-612