耐震改修工事費の補助制度利用について

現在、福津市では今お住まいの木造住宅の耐震性を高める工事を行うと、最大工事費の50%(補助額上限60万円)が補助されます。
この上乗せ補助は今年の平成25年度で終了となり、平成26年度より通常の23%(上限30万円)に戻ります。

補助対象

補助を受けるには、以下の条件が必要です。

  • 木造戸建住宅
  • 1階建て、もしくは2階立て
  • 昭和56年5月30日以前に着工したもの
  • 耐震診断により、改修工事が必要とされたもの
  • 年度内に市内業者による改修工事を行うもの

補助内容、補助金の額

  • 木造戸建住宅
      1戸につき600,000円を上限とし、耐震改修工事に要する額の50%に相当する額、
      もしくは延べ面積に32,600円を乗じて得た額の50%に相当する額のどちらか低い額

事前相談

申請者は、補助金の交付を受けようとする前に、耐震改修工事を予定している住宅の内容などについて市と協議が必要です。
※工事を既に完了した場合は、この補助制度の対象にはなりませんのでご注意下さい。

お問い合わせ先

福津市計画課(津屋崎庁舎)
〒811-3304 福津市津屋崎1-7-1
電話:0940-52-4956

耐震改修工事の説明会

8月31日(土)福津市による耐震改修工事の説明会が開催されます。(終了いたしました。)

  • 日時 8月30日(土) 10:00〜12:00
  • 場所 私立図書館2階 視聴覚室
  • 講演 なぜ?耐震改修工事が必要なのか? 住まいの耐震診断と耐震補強 〜解説と事例〜
  • 講師 福岡市耐震推進協議会会長 白水秀一さん

福岡県耐震診断アドバイザー制度

木造住宅耐震改修工事費補助を受けるためには、県登録診断士による耐震診断を受けなければいけません。
そのため、県耐震診断アドバイザー制度があり、どなたでもご利用ができます。

  • 対象:昭和56年5月以前に着工された木造戸建て住宅
  • 費用:1件当たり3,000円
  • 申込・お問い合わせ:派遣事務局(春日市クローバープラザ内・月曜日休館 TEL092-582-8061)

情報・福津市都市計画課

この記事を書いた人

広報担当 山浦
広報担当 山浦
福津市・古賀市・宗像市で住宅のリフォームや、リノベーションなどの工事を行っています、やまうら工務店 代表の山浦です。

お家の気になる事など、ございましたらお気軽にお電話下さい。
フリーダイヤル 0120-240-612