雨漏れ 屋根の調査 古賀市

古賀市のお客様より、

 

雨漏れの調査依頼があり、

 

屋根に上がりました。

 

 

二年ほど前にセメント瓦に塗装を施したとのことで、

 

表から見たら、そこそこ程度は良いのですが、

 

風が強い雨の日には、屋根裏ににじみが・・・

 

屋根裏を覗くと、

 

瓦の隙間から光が差し込んでいます。

 

この光が差し込む原因は

 

二次防水のルーフィングが経年劣化により

 

破けている事を物語っています。

 

屋根の防水機能

 

屋根は、一次防水の瓦やコロニアル、

 

ガルバリウム鋼板といった屋根材と

 

表からは見えないけれど、屋根材の下に敷き込む

 

二次防水のアスファルトフェルトや

 

ルーフィングという防水シートで

 

雨の侵入を防いでいます。

 

雨漏れするからと、依頼を受け

 

瓦にコーキングべったり塗りつけている

 

業者さん?がいますが、

 

この二次防水のシートが破れていれば、

 

ほとんど防ぐことは出来ません。 

 

この場合の修繕は、全部の瓦を外し、

 

下の防水シートを張り替える方法になります。

 

では、これから

 

見積もり作りに入ります。

 

案件が重なってきた・・😅

 

 

〜〜〜〜・〜〜〜〜・〜〜〜〜・〜〜〜〜・〜〜〜〜

福岡県福津市・古賀市・宗像市の皆様

お風呂やキッチンなどの部分改装から全面リフォームまで行っている
遠くの業者より、身近で頼りになる工務店

今も現役、大工職人の山浦です。

いつもブログを見ていただきありがとうございます。

この記事を書いた人

広報担当 山浦
広報担当 山浦
福津市・古賀市・宗像市で住宅のリフォームや、リノベーションなどの工事を行っています、やまうら工務店 代表の山浦です。

お家の気になる事など、ございましたらお気軽にお電話下さい。
フリーダイヤル 0120-240-612