痛んだ玄関庇(屋根)のリニューアル

今回は玄関庇(屋根)のリニューアル記事をアップします。

こちらの庇も長年の雨風から玄関を守ってきた、陰の功労者であります。

SDIM2396
(痛みに痛んでおります)

この玄関の庇(屋根)を新しくリニューアルするのですが、

DSCF0294
(新しく化粧板と板金をリニューアル)

お客様のご主人(元大工さん)が生前が、自分で刻まれ建てられた家でして、
垂木、梁は思い出に残したいとの事、

誰しも思い出は大切であります、

梁、垂木ともにチェックの結果、痛みは少なく
出来るだけ漂白できれいにする事にいたしました。

関連記事の漂白作業の記事はこちら

ここから玄関庇の解体作業を一気に始めます。

DCIM0169
(銅板です、和風住宅には似合います。)

DCIM0170
(下地はパッと見、大丈夫そうですが実はかなり痛んでいます)

DCIM0172
(淀も広小舞もボロボロです。)

DSCF0282
(軒先は全体がボロボロです、化粧板も指で簡単に穴があきます)

DSCF0289
(垂木より上は完全に撤去)

ここから元に戻す作業が始まるのですが、加工をしている最中
夕立がきそうな雲行きになり慌てて取り付けをいたしました。
(※途中の画像がありません)

DSCF0292
(フェルトまで張ればもう安心・・・)

後は、板金をかぶせ、壁の板を張っておしまいです。
(※すみません、こちらも画像がありません)

関連記事で付庇の取替え工事があります。

この記事を書いた人

広報担当 山浦
広報担当 山浦
福津市・古賀市・宗像市で住宅のリフォームや、リノベーションなどの工事を行っています、やまうら工務店 代表の山浦です。

お家の気になる事など、ございましたらお気軽にお電話下さい。
フリーダイヤル 0120-240-612