畳の下地合板の張替え

今日は天気も良くポカポカしていて、作業するには丁度いい感じですね〜
朝から和室の畳の下地合板を貼り替える作業をしてますが、動きやすいです。

さて、今回の現場はうちの協力業者からの依頼で畳の下地を張替えることに。

床合板解体前

パッと見はこんな感じですが、近くで見ると

パーティクルボードのひび割れ

この様にボコボコになっています。
ここまで来ると畳でも床が抜けそうな感じで生活するのもヒヤヒヤでしょう。

例えば、ご家族にご年配の方が居られる場合、年とともに足首も硬くなり、ちょっとした床の傾きでも転倒に繋がります。床が同じ様に傷んでいるなら転倒して怪我される前に早め早めの対策をおすすめいたします。

 

比較的古い建物に多く使われてるこのパーティクルボードは長年の湿気でボコボコになってる場合が多いです。

ま、合板でも湿気が多い建物など替え時がくればフワフワな感じで、同じ様な痛み具合になってきますけどね。

ここから一気に解体します。

床合板解体後

根太はしっかりしていますので、合板だけ取替えます。

ついでに土間の上には40年ほど前の建築の時に落ちた木材や端材なども転がっていたので、しっかりと清掃もしておきました。

新設床合板

チャチャっと合板を加工してパタパタっと設置、ビス留めで完了!

後は表替えをした畳を敷き詰めたら、い草の香りが漂う落ち着いた空間になりますね〜

〜〜〜〜・〜〜〜〜・〜〜〜〜・〜〜〜〜・〜〜〜〜

福岡県福津市・古賀市・宗像市の皆様

お風呂やキッチンなどの部分改装から全面リフォームまで行っている
遠くの業者より、身近で頼りになる工務店

今も現役、大工職人の山浦です。

いつもブログを見ていただきありがとうございます。

この記事を書いた人

広報担当 山浦
広報担当 山浦
福津市・古賀市・宗像市で住宅のリフォームや、リノベーションなどの工事を行っています、やまうら工務店株式会社 代表の山浦です。

お家の気になる事など、ございましたらお気軽にお電話下さい。
フリーダイヤル 0120-240-612