消費税アップ後の住宅購入 負担軽減策〜気になるニュース

工務店として、ちょっと気になるニュースをピックアップ

消費税率8%時に住宅購入で最大30万円給付

2013/6/26に自民・公明両党は、2014/4に予定されている消費税引き上げの後の住宅購入者への負担軽減策として現金を給付する方針を決めたとの事。
かるく表にしてみます。

消費税引上げ時期 対象者 給付予定額
8%(2014/4〜) 年収510万円以下 給付額(10万円〜30万円)
10%(2015/10〜) 年収775万円以下 給付額(10万円〜50万円)

(住宅ローンを利用して買う場合)

また退職金など、現金で住宅を買う人にも配慮として

消費税引上げ時期 対象者 給付予定額
8%(2014/4〜) 50歳以上の年収650万円以下 給付額(最大30万円)
10%(2015/10〜) 50歳以上の年収650万円以下 給付額(最大50万円)

(現金一括購入の場合)

さらに、13年度の税制改革で、消費税増税後に住宅需要が急減すれば、景気を冷やすとして、13年末で期限が切れる住宅ローン減税を4年間延長。控除額を消費税増税後に年間最大40万円に拡大すると決めた。

(2013/6/27公明新聞一部抜粋)

※これから議論も交わされると思われますので、内容は少し変わるかもしれません。

この記事を書いた人

広報担当 山浦
広報担当 山浦
福津市・古賀市・宗像市で住宅のリフォームや、リノベーションなどの工事を行っています、やまうら工務店 代表の山浦です。

お家の気になる事など、ございましたらお気軽にお電話下さい。
フリーダイヤル 0120-240-612