天井を壊さない非破壊検査で雨漏れ確認を

今回は雨漏れ調査を非破壊検査(サーモグラフィ機器)で行った事を書いてみます。
※この非破壊検査とは、対象となる場所の周辺を壊さず、特殊な機器を使っての調査となります。

さて、今回の調査ですが、調査依頼主から「1階天井からの雨漏れがひどく、大変な事になってます。調べて下さい」との事、現地に行くなり天井からポタポタと水滴が落ちていました。

まずは画像を見ていただいた方が分かりやすいと思いますので検査画像をアップします。

雨漏れはこの天井のシーリングまわりになります。

この場所を、機器を通して見てみると

温度差が激しく青い場所に水が溜まっている状況です、この様に、赤外線だと温度差で状況がわかります。

角度を変えて見てみると

画像の左側から流れてきているのがわかります。

この左側を写してみると

この様に、流れてきている方向がわかり、この外側の確認する場所が特定できます。

天井や壁など異常が無い場合は全体的に均一な色となります。

この様にサーモグラフィだと壊さなくてもある程度調査ができます。
※機器だけでは限度がありますので非破壊検査だけでは分からない場合もございます。

その他の使いみちとして、この機器を使って夏場の窓から入る熱量を可視化することも可能となります。

今回は雨漏れ調査の内容を記事にしてみました。
また、このような状態での修繕を依頼される場合はお客様との話し合いで、その日か後日行う形になります。

雨漏れ等、サーモグラフィ機器を使った非破壊検査を福津市、古賀市、宗像市で希望される方は、ぜひ「やまうら工務店」にお問い合わせ下さい。
機器を使った調査のみの場合は検査費用12,000-程度が目安となります。※画像もお渡し致します。

ちなみに、ここまで酷い状態だと外側の侵入箇所を改修したのち、天井は下地から全面張り替えになります。

この記事を書いた人

広報担当 山浦
広報担当 山浦
福津市・古賀市・宗像市で住宅のリフォームや、リノベーションなどの工事を行っています、やまうら工務店 代表の山浦です。

お家の気になる事など、ございましたらお気軽にお電話下さい。
フリーダイヤル 0120-240-612