住宅用太陽光発電の設置

住宅用 太陽光発電の設置の画像をアップします。

こちらは、カナメソーラーグリップを使った、金属屋根に設置する方法であり、既存屋根に穴を開けない工法であります。

P1020190

架台金物を設置したら、後はパネルを順番にはめていきます。

P1020193

太陽光パネルの「ボルト・パネル」など、「ゆがみ・ゆるみ」などが無いようにチェックを行います。

P1020205

棟違いでの設置となります。

P1020203

こちらもカナメソーラーグリップを使用しての設置です。


ちなみに、やまうら工務店が施工IDを取得し、販売契約を結んでいる、カナメソーラー「グリップ・ルーフ」の金属屋根のパイオニア「カナメ」はこちらをクリック


壁の引き込みは

DVC00028

このように引き込みBOXを使用して意匠的にもまとめています。


現在、やまうら工務店は、「カナメソーラールーフ」と、「サン・エナジールーフ(永住産業)」(こちらも金属屋根に強力な磁石を使い設置する)二社の太陽光発電システムを推奨しています。この二社の太陽光発電システムは、どちらも雨漏れリスクを無くす、安心出来る商品であります。

 

この記事を書いた人

広報担当 山浦
広報担当 山浦
福津市・古賀市・宗像市で住宅のリフォームや、リノベーションなどの工事を行っています、やまうら工務店 代表の山浦です。

お家の気になる事など、ございましたらお気軽にお電話下さい。
フリーダイヤル 0120-240-612